FC2ブログ

QtVisualStudioAddinをインストールするとウォッチ式の表示が壊れることがあるらしい

snapshot_047_120623_112800.png

こんな感じで、いつのまにか、VS2005のウォッチ式が正常に表示されなくなっていたのですが、どうもQtVisualStudioAddinが原因だった模様。

ちなみに、正常時はこちら
snapshot_049_120623_112929.png

VisualStudioでは、デバッグ中にオブジェクトをどのようにウォッチ式に表示するのかは、簡単なスクリプトのようなもので制御されており、VS2005なら、

C:\Program Files (x86)\Microsoft Visual Studio 8\Common7\Packages\Debugger\autoexp.dat

にルールが記述されています。

それで、その中を一部抜粋して見てみると、


...

[Visualizer]
;QT_DEBUG_START (Qt Visual Studio Add-in v1.1.9)
; Nokia Qt 4.x visualizers -----------------------------------------[ start ]--
;------------------------------------------------------------------------------
; Feel free to modify these visualizers to suit yours needs! But please let us
; know about the changes you make, so we continuously improve the visualizers.

QString{
    preview         ([$e.d->data,su])
    stringview      ([$e.d->data,sub])
    children
    (
        #(
            d: $c.d,
            [size]: $c.d->size,
            [referenced]: $c.d->ref._q_value
        )
    )
}

. . .



と、このようにQtのオブジェクトをウォッチで表示できるようにルールが追加されているのですが、どうもstlやMFC等のQt以外のルールをすべて消してしまったみたいです。

詳細不明ですが、VS2005とQtVisualStudioAddin1.1.9の組み合わせが悪いのかも。

とりあえず、VS2008のautoexp.datは壊れていなかったようなのでそちらを2005に上書きすると修復できました。

しかし、他のバージョンのVSが入っていない場合は再インストールするしかないかも。。。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

カレンダー
11 | 2018/12 | 01
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
最新記事
カテゴリ
Qt (21)
SDL (2)
MFC (2)
検索フォーム
月別アーカイブ
最新コメント
最新トラックバック
RSSリンクの表示
リンク
リンク(管理用)
FC2カウンター