FC2ブログ

Blender mmd_tools のボーン初期形状の異常と修正方法


前回の記事 BlenderでMMD系のファイルを読み込む方法 で、BlenderでMMD関係のファイルの使用方法について簡単に説明させていただきました。

その後いくつかのデータを使ってみたところ、どうも正常に読み込まれないデータがいくつかある模様です。

たとえば、

踊るマネキンVre.1.2

こちらのデータを読み込んでみると、

snap_3562_170905_002303.png

とこのように、腕がねじまがった状態で読み込まれてしまいます。

で、この原因が、事情はわかりませんがどうもボーン初期形状が正しく読み込まれていないことが原因のようです。

ボーン初期形状:
snap_3564_170905_002323.png

初期ポーズ:
snap_3563_170905_002315.png

一見微妙な違いですが、全体的に位置が若干ずれてしまっています。

このような不具合が発生した場合、幸いにも、ポーズデータは正しく読み込まれているようですので、カレントポーズのトランスフォームを初期配置に適用してやれば修復可能です。

手順としては、

  • ポーズモードに移行
  • 全ボーンを選択
  • トランスフォーム適用ツールを実行(下図)


snap_3565_170905_002357.png
(ビューメニューから、[Pose]→[Apply]→[Apply Pose as Reset Pose])

で、修復後の形状は次のとおり。
vmdのモーションも適用可能です。
snap_3566_170905_002405.png


スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

カレンダー
11 | 2018/12 | 01
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
最新記事
カテゴリ
Qt (21)
SDL (2)
MFC (2)
検索フォーム
月別アーカイブ
最新コメント
最新トラックバック
RSSリンクの表示
リンク
リンク(管理用)
FC2カウンター