FC2ブログ

cyclesで炎をレンダリングする

20151012_flame.png

APNGで作っていますので、対応ブラウザで見ていただくと、炎がゆれているのがわかると思います。
容量の問題でかなり解像度を落としています。

元サイズは、↓をクリック。
20151012_flame2.png

形状はSmokeのシミュレーションで作ることが出来るのですが、Cyclesでレンダリングする場合、炎用のノードというものはまだ無いようで、「density」「flame」という属性ノードから値をとってきて、それをボリュームレンダリング用のノードにつなぐことで炎をレンダリングできるようになります。

こんな感じ↓
20151012_flameMat.png

ちなみに、設定で何とかなるのかもしれませんが、どうもCyclesはボリュームレンダリングが遅いのか、この例の場合、こんな簡単なシーンで、サンプリング回数も200回程度の設定なのに1フレームの描画に15分もかかってしまっています。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

カレンダー
11 | 2018/12 | 01
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
最新記事
カテゴリ
Qt (21)
SDL (2)
MFC (2)
検索フォーム
月別アーカイブ
最新コメント
最新トラックバック
RSSリンクの表示
リンク
リンク(管理用)
FC2カウンター