スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

blenderでの溶けた物体の作り方

20150930_MeltBlock.png

Fluidシミュレーションでこんな感じの溶けた形状を作れます。

手順としては、

  1. 元になる形状をFluidのソースにして流体シミュレーションの設定をする
  2. シミュレーションをほんの少しだけ実行
  3. シミュレーション結果をメッシュ化
  4. メッシュ化した形状と元の形状をBooleanで結合
  5. 結合部分を滑らかにするように少しだけスムージングをかける


という感じです。

流体シミュレーションは長時間やっていると完全な液体となって流れ出てしまうので、シミュレーションをほんの少しだけ実行するのがポイントです。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

カレンダー
10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -
最新記事
カテゴリ
Qt (21)
SDL (2)
MFC (2)
検索フォーム
月別アーカイブ
最新コメント
最新トラックバック
RSSリンクの表示
リンク
リンク(管理用)
FC2カウンター
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。