cyclesで光が良く透過するglassの作成方法

20150922_CrystalUni.png

単純にマテリアルノードをうまく設定してやれば良いのかもしれませんが、cyclesの標準マテリアルであるglassはどうも光の吸収率が高いようで、あまり良い感じでキラキラした感じになってくれません。

で、あまり正しい方法ではなさそうですが、単純に光源の明るさを思いっきりあげてやれば、ノード調整なしで一応まともな半透過表現ができるようです。

上記のサンプルの場合、オブジェクト側のマテリアルは普通のGlassマテリアルに適当な色を設定しているだけなのですが、

snap_333_150923_000242.png

こんな感じで光源をかなり強い設定にしています。

そうなると、当然周囲が明るすぎるようになってしまいますので、

snap_332_150923_000237.png

こんな感じで周囲のマテリアルをかなり暗い設定にしておきます。

だいぶ裏技感がある手法で、半透過オブジェクト以外の全マテリアルを暗くしなければならない、という力技ですが、
オブジェクト数が少ない場合には一応つかえそうです。

スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

カレンダー
01 | 2018/02 | 03
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 - - -
最新記事
カテゴリ
Qt (21)
SDL (2)
MFC (2)
検索フォーム
月別アーカイブ
最新コメント
最新トラックバック
RSSリンクの表示
リンク
リンク(管理用)
FC2カウンター