スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

VisualStudioネイティブ単体テストをコマンドラインから実行+Jenkinsで集計する方法

VisualStudio2012でやっと対応してくれたC++のネイティブ単体テストについて。

GUIから実行する分には簡単なのですが、コマンドラインから実行するのはどうするのか調べていたところ、
こちらのサイトで説明を発見

ブログズミ Visual Studio 2012 C++ Unit Test Framework をコマンドライン実行 + Jenkins


プロジェクトのビルドから行う場合は、

  • "%VS110COMNTOOLS%vsvars32.bat"
  • msbuild [ソリューションファイル]
  • vstest.console [テストプロジェクトのDLLファイル] /logger:trx

という感じでコマンドを打てば良いようです。

また、テスト結果をJenkinsで集計するには

  • JENKINS MSTest plugin をあらかじめインストールしておく
  • ジョブ設定の「Publish MSTest test result report」 に上記コマンドで出力されるtrxファイルを指定する

とすれば集計できます。
スポンサーサイト

テーマ : プログラミング
ジャンル : コンピュータ

コメントの投稿

非公開コメント

カレンダー
10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -
最新記事
カテゴリ
Qt (21)
SDL (2)
MFC (2)
検索フォーム
月別アーカイブ
最新コメント
最新トラックバック
RSSリンクの表示
リンク
リンク(管理用)
FC2カウンター
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。