スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Visual Studioのマクロが動かなくなっていたらしい

最近VisualStudioのマクロが突然動かなくなったと思っていたら、どうも2014年2月のWindowsUpdateが
原因だった模様。

Visual Studio 2010 Macros Stop Working after February 2014 Windows Update

によると、「Security Update for Microsoft Windows (KB2898871)」がインストールされるとまずいらしい、
ということですが、私のPCでは異常発生以降にインストールされているアップデートは「Microsoft .NET framework4.5.1」
のみ。

で、上記のサイトで説明されている修復方法としては、セキュリティアップデートのアンインストール、もしくは
設定ファイルの修正、ということですが私のPCではセキュリティアップデートが見つからないので、設定ファイルで
修正を行うと正常にマクロが動作するようになりました。

設定ファイルの修正は、VisualStudio8の場合、下記の3つのファイルに対して行います。

"C:\Program Files (x86)\Common Files\Microsoft Shared\VSA\8.0\VsaEnv\vsmsvr10.exe.config"
"C:\Program Files (x86)\Common Files\Microsoft Shared\VSA\8.0\VsaEnv\vsaenv10.exe.config"
"C:\Program Files (x86)\Microsoft Visual Studio 8\Common7\IDE\devenv.exe.config"

他のバージョンのVisualStudioもバージョン番号のところが異なる、大体上記と同じ位置に設定ファイル
があるのでそれらを修正します。

上記のファイルはそれぞれ殆ど同じ内容のXMLになっています。

それらをテキストエディタで開くと、6行目あたりに、

<runtime>

という行があるので、その次の行に、

<AllowDComReflection enabled="true"/>

と1行追加すると、マクロ機能を復旧できます。
スポンサーサイト

テーマ : プログラミング
ジャンル : コンピュータ

コメントの投稿

非公開コメント

カレンダー
10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -
最新記事
カテゴリ
Qt (21)
SDL (2)
MFC (2)
検索フォーム
月別アーカイブ
最新コメント
最新トラックバック
RSSリンクの表示
リンク
リンク(管理用)
FC2カウンター
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。