スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Dropboxの公開フォルダを使えばThree.jsのテストが簡単に出来る

最近WebGLの勉強を始めたのですが、最近はWebGLのapiを直接呼び出すのではなく、
Three.jsというライブラリで実装することが多いようです。

で、そのThree.jsのサンプルを探していたところ@ITの記事
多彩な表現力のWebGLを扱いやすくする「Three.js」
にわかりやすいサンプルがあったので必要なファイルをダウンロードしてローカルで実行してみたのですが、
なぜか黒い画面が出るだけで何も表示されません。

原因を調べていると、どうもThree.jsがcookieを使う関係で、file://で始まるURLのファイルではThree.jsは起動できない
ようです。

ということで、webサーバが必要なわけですが、ローカルにwebサーバを構築するのが面倒、という場合、
単純にDropboxのパブリックフォルダに必要なファイルを入れて公開URLから対象ファイルを開けばいける
のでは?と思ってやってみると、予想通り正常に動作するのを確認できました。

実験URL

上記の@ITのサンプル実行に必要なファイルを私のDropboxのパブリックフォルダに保存し、公開リンク
を作っただけのものですが、ちゃんと動作することが確認できます。

スポンサーサイト

テーマ : プログラミング
ジャンル : コンピュータ

コメントの投稿

非公開コメント

カレンダー
10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -
最新記事
カテゴリ
Qt (21)
SDL (2)
MFC (2)
検索フォーム
月別アーカイブ
最新コメント
最新トラックバック
RSSリンクの表示
リンク
リンク(管理用)
FC2カウンター
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。